オススメ無料教材のご案内

【起業物語3】ノウハウコレクターの事件手帖。自分で稼げるようになりたくて、ネットサーフィンで見つけた希望の星

起業ストーリー3キャプション

~起業物語一覧~

【起業物語1】

【起業物語2】

【起業物語3】 ←今ココ

【起業物語4】

【起業物語最終章】

神「諦めの悪い奴じゃのう…」

バイトに行ってへとへとになって帰ってくるたびに、

自分の身を切り売りするって、こういうことだったのか…と感じた。

やはり、他の道はないんだろうか…

どうしても、雇われる以外の稼ぎ口を諦められなかった私は、ネットの検索窓に身を投じた。

在宅、自営業、フリーランス、職業一覧…

ありとあらゆるワードを打ち込み、現状を抜け出すためのヒントを探しまくった。

そんな中で、とある若い起業家のサイトを見つける。

 

 

起業して 年収〇億円

20代でセミリタイアし、自由になった僕の物語

 

詳しいタイトルは忘れてしまったけど、こんな感じだったように思う。

怪しさを通り越して、そこには人の理想をちりばめた自由な生き方が描かれていた。

当時はとにかく、その自由な生き様に圧倒された。

 

好きな時間に起き、好きなところで旅行したり、最高においしいグルメを味わったり、友達と朝までゲーム三昧したり…

365日好きなことに時間を費やせ、お金の心配も全くない、まさに自由な暮らし…

青い空の下にある山小屋と芝生

 

自分にとっては新しい生き方と価値観で、衝撃だったのを覚えている。

今までは、一生懸命汗水流して働いて、やっとこさお金を稼ぐのが当たり前で、それ以外の生き方は許されない…

そんな、当たり前だと言って植え付けられた価値観の中、生きてきた気がする。

 

まさにこの瞬間、ピンときた。

そうか、自分は自由になりたかったんだ!!!

 

この人のように自分で大金を稼げば、こんな生活を実現できるかもしれない!

彼の起業物語を読むうちに、自由な暮らしに対する憧れが積もるのだった。

 

悪魔「悪魔らしからぬ一言だけど、ぶっちゃけ怪しくない?」

そうはいっても、インターネット上で実在する人かわからないし、怪しいな…。

それに、個人で数億円も稼ぐなんて、一握りの天才だけだろう。

なにより、起業なんて滅相もない…

 

仕事のできる祖父ですら会社経営は難しそうだったのに、自分にできるはずがない…

そう思い、彼の自由な起業物語を閉じた。

けれども実際は、起業へ興味が増すばかりだった。

 

そんなある日その若手起業家の紹介で、とある起業家の存在を知る。

なにやら、起業に関する知識をまとめた動画が無料で見られるらしい。

定価がなんと、○○万円!??

なんだか怪しさ1000%だな…

 

しかも期限付きで、すぐに見れなくなってしまう?!

いや、怪しさ1000000%だけど…

 

私「タダだし、ひとまず見よーっと!←(貧乏性)」

 

当時の私は役に立つノウハウを無料で集めたい人間だった。

(その割に行動が伴わない人のことを、

特にノウハウコレクターと言う←)

 

そのため、検索しては悩みを解決する情報を探していたので、

様々な無料コンテンツに触れることが多かった。

 

コンテンツの中には有料の物であっても、

こんなんにお金を出させるのか…というレベルの書籍から、

本屋では決して探し出せない情報がまとめられている、値段以上のものもあった。

 

それにしても、これは、役に立つとか以前に…

 

 

 

私「めちゃんこ面白いやんけ…。

今までで最高峰だ…」  

岩陰に潜む宝箱

とても無料のクオリティーではなかった。

常識が覆される具体的な知識が次々と出てきて、

脳が筋肉痛になるほど…

しかも、こんなコンテンツの量見たことない…

 

圧倒的なコンテンツの質と量で、

もはや詐欺とさえ思えない(笑)←

この動画で勉強すれば、

自分の力で稼げるようになるかもしれない。

(実際、月商190万を稼ぐ起業家になったので、

あの時の期待は的外れじゃなかった)

 

抑えきれない好奇心と、ダメな自分が変わるには、この道しかない!

という思いで、起業しようと決心したのだった。

 

正直、

「騙されてもいいや

もし詐欺で何か買ってしまっても、

未成年だしクーリングオフ?できるだろ~★」

(本当はできるかどうか知らんけど…)

と、気楽に無料視聴していたところもある(笑)

いやまてよ…

 

 

 

 

 

ギリ成人してた(´^ω^`)

 

 

そうして起業について猛烈に学び、友達からのディズニーの誘いを断り、

朝から夕方まである大学に通いつつ、起業資金のためにバイトに明け暮れて月20万稼いだりした。

この下積み時代が長かった。

 

起業のためお金が必要なので節約のため、

東京から九州まで在来線に半日ほど乗り5000円で帰ったこともある。

(今思えば、非常にアホである)

瀬戸内海を眺められる車窓
こんな海沿いを何時間も…(笑)

 

起業を志した時は、

やっと自分のやりたいことを見つけられた喜びがあった。

また、苦しくてもほんの少しでも

前に進みたいという思いが強くなったし、

精神的にすごく成長した。

 

そうして、起業してやっと初の収益がでたとき、

実の祖母からヤヴァイ電話がかかってきた。

 

初収益だけど、祖母から衝撃の電話が!多額の借金で傾きかける実家

ある日銀行口座を見ると、バイト代以外に

やっと自分で起業して稼いだお金が振り込まれていた。

「やったぜ~~~!

初収益だわっしょい!!!!!!

色んな事があったけど、やっとここまで来たよ!

ギンちゃん! (実家の猫)」

 

ベットに気持ちよさそうに沈むグレーの猫

確かに、金額としてはバイト代と変わらないけど、

挫折ばかりだった人生で、

初めてつかんだ小さな成功体験だった

 

この調子でいけば、

あっという間にサラリーマンの初任給を超える…

そう思って、24時間体制で踊りだしそうになる病にかかった(嘘)ある日、

祖母から衝撃の電話が来たのである。

 

私「もしもし、おばあちゃん?どうしたの?」

祖母「久しぶり。…それより、あんた…どうすっとね?

 

このままじゃ、お嫁にも行けんよ?

 

突然のパワーが強すぎるワードに混乱しすぎて、

女子としての魅力をバカにされたのかと思った。

心当たりがあり過ぎて困る(笑)

こちらの混乱を察したのか、祖母はいろいろ教えてくれた。

 

祖母の話を要約すると、

  • 実家が事業に挫折したので、学費をはるかに上回る多額の借金があること
  • 祖父が破産して生活費が不安になっていること
  • できれば、大学を辞めて働いてほしいこと

 

ということだった。

(後々聞いたところ、8桁くらいはあったそう…)

 

最近家族や祖父母との会話で、やけにお金の話が多いな…と思っていたら、

まさか、こんなことになってるなんて思わなかった。

玄関にいくつも張り付けられた紙きれ

昔から何度も味わってきた、

経済的な不安。

自分の力で自分の人生が決められないような、無力感。

そのたびに、不安定なボンビー生活から抜け出したいと強く思っていたけど、

ここにきてその思いがピークに達した。

 

もう嫌だ。

こんな人生、絶対変えてやる。

ますます起業への思いが強まった。

 

これまでも、すべてがそう簡単には進まなかった。

何かするたびに、不思議なチカラで阻まれるような…

そんなことが結構あった。

(逆にラッキーなこともあるけど)

 

「人生のおおごとって本当に重なるもんだな…」

と今でこそ思う。

まさか、ここからさらに人生を左右する出来事があるなんて、

祖母の電話で驚いた私は、1ミリたりとも思いもよらなかった。

 

 

続きはコチラ↓

 

~起業物語一覧~

【起業物語1】

【起業物語2】

【起業物語3】 ←今ココ

【起業物語4】

【起業物語最終章】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です