オススメ無料教材のご案内

【知らないと数万円損します】始める前に知りたかった起業知識まとめ

知らないと数万円損する始める前に知りたかった起業知識

こんにちは!
はじめて起業アドバイザーの
なか子です^^

学生起業して月収50万達成したエピソードはコチラ
⇒(プロフィール

起業する前に知らないと損する知識基本知識をまとめました。

よく読んで実践することで、数万~数百万円あるいはそれ以上の失敗を回避できますよ。

自分は知ってるかチェックしながら読んでみてくださいね。

目次から好きなところに飛んでもいいですよ!

起業の知識その1 起業=会社設立じゃない

起業のことを人に話すとき、

「最初に会社を作るんでしょ?」

と聞かれます。

ですが、はじめに会社を作る必要はありません

会社を作らなくても起業できます。

むしろ、起業したての段階は会社を作るデメリットが大きいんです。

 

作るの自体にそれなりのお金(十数万~)が必要ですし、

売上が低い場合には税金が割高になったり、会社独自のコストが出てくるので割に合わないです。

ホイホイ乗せられて、「社長になれる~」と作ったものの

あっという間に会社を潰すパターンが多いみたいです^^;

 

なので、始めたばかりの時は、会社を作らず個人事業主として活動しましょう。

個人事業主(こじんじぎょうぬし, Self-employment)は、株式会社等の法人を設立せずに自ら事業を行っている個人をいう。個人事業者自営業者ともいう。

webilo辞書

個人事業主として売上を上げてから、

節税等のため会社を作るというのがセオリーです。

起業の知識その2 大金は必要ない

アタッシュケースに入った札束と、周りに散らばっているドル札

「起業するには、どうにか数百万を用意しないと…」

もしかしたら、そう思うかもしれません。

確かに、資金はあった方が有利ですし、

事業によっては必要かもしれません。

 

ですが、実際は数百万とか数千万とか、そんな大金は無くても起業できますよ。

30万円以下の元手から1年で数億売り上げた方もいます。

私も元手はおよそ十万円の仕入れで、1年足らずで月収50万達成しました。

 

かかるコストは少なければ少ない方がいいです。

始めたばかりならなおさら、大金が必要なビジネスはリスクが大きすぎるので、

低コストでできる起業方法を試しましょう。

起業の知識その3 「貯蓄があれば起業できる」は間違い

豚の貯金箱がこちらをみている

「貯金が沢山あれば起業できる」

これは危ない考え方だと思ってます。

 

そもそも、起業の成功と貯金の額は関係ないです

私の実体験ですが、 収入は全て生活費と事業費に費やしていたので 貯金0で始めました。

また、○○万円たまったら起業しようというのも危ないです。

そもそも貯金できないです(体験談)。

 

それに、貯金がいくらあっても、

起業をするとあっという間に貯金は底を尽きます。

 

500万円持って脱サラしたけど、思ったより仕事来ないな…

どうにか仕事をこなしても、入金が思ったより遅くて生活費がピンチ!

これ、起業&脱サラあるあるみたいです。

 

どんなに貯金をもって起業しても、

思ってもみなかったことで生活できなくなり、

起業を断念する人があまりに多いんです。

 

この失敗を回避する考え方をお教えします。

それは、絶対条件として、常になんとしても収入を支出以上に保つことです。

貯金を待たず、貯金を当てにせず、

起業で生活費が得られる目処が立つまでは、別に収入を得ながら起業してください

 

そのためのおすすめ事業は「ネットビジネス」ですね。

パソコン1台で始められ、副業からでも取り組みやすいからです。

以下の記事で詳しく解説していますので、良ければどうぞ!

起業の知識その4 「人脈」はなくてOK

人脈を持っている人たちのイラスト

「起業したくても、人脈ないしな~」

そう悩むかもしれません。

 

なんだか、起業家って人脈づくりとか必要そうですし、

しょっちゅう打ち合わせをして、セミナーや会合に出向いて、

なんとか仕事を貰わないといけない!って気がしますよね。

 

まあ、実際はそんなことないんですけどね!

起業に人脈は必須ではないです。

 

人脈なしで成功した方も多数いますし、私もその中の一人です。

今ではインターネットもありますし、

様々な起業方法が存在します。

人脈が無いと起業できないことはないので安心してくださいね。

 

逆に、人脈さえあれば事業がうまくいく、とは限りません。

色んな人とのつながりがある、というのはあくまで強みの一つでしかないので、

結局は自分の実力次第だからです。

 

起業のために人脈を作るよりは起業で稼ぐことが先決です。

じゃないと、本当に成功している人は相手にすらしてくれないと思います…(笑)

起業の知識その5 「人と起業すれば成功しやすい」は間違い

3人で机に書類を広げて仕事の会議をしている

基本的には残念ながら、はじめて起業する際には人と起業しないほうがいいでしょう。

これは、仲間と一緒に仕事を進めるだけでなく、

人を雇うのもおすすめできないということです。

 

人と起業すれば、リターンは人と分けますが、

リスクは数倍になってお互いにのしかかります

お互いに生活が懸かっているので妥協できず、

結果として仲間割れするパターンが多いんです。

 

これは数多くの典型的な失敗パターンとして取り上げられているので、

友人と楽しく起業したいから、

という目的で起業するのは一旦待ってくださいね。

 

そうはいっても、人と起業しても上手くいく可能性があるときもあります。

詳しくは下の記事で解説してます。

誰かと起業を考えている際は、当てはまっているか確認してくださいね。

起業の知識その6 一人でなんでもできる万能人間じゃなくてOK

「起業なんて、何でもこなせるできる人がやるもの…

自分には荷が重いかも」

そう思ってしまうかもしれません。

 

とてもよくわかります…。

私も起業する前は自分の能力にそんなに自信がなく、

起業なんてエリート完璧超人がするものだ、と思ってました(笑)

 

でも、実際起業してみると、

何でも自分でできる必要、全くないな?(笑)

そう思うようになりました。

 

むしろ何でも自分でできると、

本当に自分の手でやるべきことに集中できなかったり、

人に頼めず効率が悪かったり…ということがよくあるようです。

 

実は、倒産した会社の経営者だった祖父は、作った会社を40年~ほど経営していて、

かなり優秀な人だった( 数億規模の仕事をもらってくるほど )ようなんですが、

何でもできる人だったからこそ倒産した」と、父は言っていました。

 

聞いた当時は深く考えることもなかったのですが、

この言葉には深い意味があるように思います。

 

結局、何でも自分でやるわけにはいかないので、

自分がやらなくていいことはやらない」これが大事なんです。

それから、苦手分野は積極的に人に頼もう!というマインドに変わりました。

苦手分野があればあるほど、自分の得意分野に的を絞って集中できるので、

逆にいいことだと思っています。

 

年間数億以上利益をあげている動画配信者の方も、

自分は運転免許を取らないと思ったそうです。

取る時間で勉強なりビジネスなりした方が自分にとっていい、と判断したと思うと、

正直負けますね。

すごい考え方だなと感心してしまいます! 

起業の知識その7 「大手企業で活躍してれば独立後も上手くいく」は間違い

高いビルが立ち並んでる

「自分には大企業で培ったビジネスの実力があるから、

独立しても食べていけるだろう…」

実を言うと、これは独立・起業あるあるの一つです。

残念ながら、それも「失敗あるある」としてよく言われているものなんです…。

なので、一応、注意喚起としてまとめてみました。

 

「大企業で年収800万、営業成績がよく3000万売り上げているから、

独立して半分の成果でも出せれば、軽く今の年収は越えるだろう…。

そういって独立した人は、半分以下の年収300万になったそうです。」

 

大企業にいるときは、企業の看板(=ブランド力)があるから仕事が沢山来るんです。

だから、大企業から離れると、途端に仕事が取れなくなる…

これは本当によくあることみたいですね。

 

結局、大企業の看板なしで戦うにはどうしたら…?

唯一の解決策をお教えします。

それは、看板に頼らないでお客さんに相手にしてもらえる

起業スキルを身につけてください。

 

具体的には、以下の起業動画を一通り見ることをお勧めします。

次世代起業家育成セミナーという、数千人の起業家が参考にする動画です。

失敗回避のため、今は無料で開放されています。

 

実は、講師の加藤さんはさっきの年収800万→300万になった人と同じ大手を独立して

数年で年収(会社の利益)を40倍以上にした経歴を持っています。

年収が半分以下になってしまった人と、

年収を数十倍~にした加藤さんの違いは何だったのか?

その具体的な方法が載っているので、はっきりいって見ないと損ですよ。

次世代起業家育成セミナーへの無料招待リンク

起業の知識その8 事務所は借りないほうがいい

広々としたオフィス

起業しようというときは、自分だけのオフィスを作りたくなりますよね。

ですが、一旦待ってください!

これも起業あるあるの「失敗談」の方によくあるので注意喚起です。

 

事務所、本当に必要ですか?

自分の家やカフェなどで、どう頑張っても代用できませんか?

残念ながら、最初は事務所を持たないほうがいいですよ。

じゃないと失敗確率が上がります。

 

起業に失敗する人が多い理由の一つが、

「取らなくていいリスクを取ってしまう」

ここにあると思っています。

取らなくていいリスクというのは、ここでは起業初期に事務所を持つことです。

借りるだけで数万~数十万かかる事務所はコストがかかるので、

はじめは無い方がいいんです。

できるだけ、事務所兼自宅で作業してください。

 

私も起業したての頃は、ずっと家かカフェで作業していましたよ。

無くてもビジネスができるなら、無いに越したことはありません。

その分かかったコストをもっと有用なところに使えるので、

「このコスト必要?もっと投資や学ぶ方に費やした方がいいかも?」

この問いかけは忘れないでくださいね。

起業の知識その9 ネットビジネス=詐欺は間違い

魚をくわえているサギ

インターネットを使ってネットビジネスで起業した、という話をすると高確率で

「それって、詐欺じゃない?」

と言われます。

 

日ごろからネットに慣れ親しんでいる人でさえ、

お金がらみのことは全て詐欺だと思う人が思いのほか多いみたいです。

そう思うのは当たり前かもしれません。

実際、ちゃっちゃと儲けてトンずらしようとする輩はどこにでもいますしね…。

 

ですが、実際のところ詐欺なんてそう多くありません。

なんでも詐欺だ~なんて言っていたら、

かかってくる電話は全部オレオレ詐欺だ!と言っているのとあまり変わりません。

ネットの詐欺も減っている、そういう時代になってきているんです。

 

なぜなら、昔と違って法整備もリテラシーも高まってきているので、

詐欺なんてしても売れないし、すぐ捕まるだけなんですよね。

ネットではなおさら、適当な商品の黒い噂はすぐ広がりますし、

多くの人が参入してきているので、本当にいい商品の口コミも広がりやすいんです。

つまり比較されやすいので、

時間がたつにつれてが起こる業界全体の自浄作用が、

ネットビジネスの業界でも起こっているんです。

 

単に金儲けが目的ならばなおさら、詐欺なんてしないほうが逆に儲かるんですよ。

お客さんにしっかり価値を届けるほうがリピートしてもらえますし、全体として儲かるようになってるんです。

って、あんまり詐欺を語っても怪しいですかね(笑)

 

また、これもよくある誤解なのですが、

「ネットビジネスって、いわゆるねずみ講でしょ?」

そう言われることも多いんですよね。

 

ですが、いわゆるねずみ講・マルチ商法といわれるビジネスの形式は「ネットワークビジネス」といって、

ここでいうネットビジネス=インターネットビジネスとは全く別物なんです。

インターネットビジネス=インターネットを使ったビジネス

ネットワークビジネス(連鎖販売取引)=人を勧誘して、さらに勧誘させる…という形を繰り返し、ビジネスを拡大する商法

私も昔はそうでしたが、意外と違いを知らずに使っている人が多いんです。

マルチ商法、連鎖販売取引で勧誘している主婦
マルチ商法のイメージ図

(厳密にいえば、マルチ商法はねずみ講とは違って、厳しく取り締まられていますが違法ではないそうです。)

 

知らず知らずに使ってしまっていたら恥ずかしいと思うので、

ネットビジネスは単にインターネットを使ったビジネスと考えてもらえればOKです。

ビラとか手紙が主だったのが、メールとかラインに変わっただけなので

そんな怪しい物じゃないです。

単なるインターネットという手段を使っただけなので、

怪しいからと言って遠ざけると色んなチャンスを逃してしまうので気を付けてくださいね。

起業の知識その10 プログラミングや資格は不要!手に職がなくても起業成功できます

プログラミングをしているようなパソコンの画面

「専門知識や手に職がないと起業できないよね」

そう思って、起業を見送る人も少なくないと思います。

あるいは、起業するためにプログラミングを学んでみたり、

何かの資格を取ってみたり…と「起業の準備」をするかもしれません。

 

確かに、手に職があれば起業はしやすいとは思います。

ですが実際は、起業のために手に職を付ける必要はありません。

 

実際はプログラミングを学んだり資格を取っても、その分野で成功できるかはまた別問題です。

なので、なんとなくスキルを身につけよう、という考えは遠回りかもしれません。

 

私も大学時代にプログラミングをやっていたのですが、

正直、「学べば起業できる、誰にでも向いている」そんな都合のいい簡単なものではありません。

どんな専門分野でもそうですが、そもそも、向き不向きや情熱が無いと難しいものばかりです。

 

もちろん、もともとあったスキルを活かして起業するのは良いことだと思います。

 

また、自分はどうしてもこの業界で仕事がしたいんだ!

この事業じゃなきゃいけないんだ!

という理由で、明確に必要だから特定のスキルを身につけるのであれば大ありです。

ただ、その場合でも「あるスキル」を学ばなければまず失敗します。

 

私の父も技術職として、個人でビジネスをやっていました。

技術面では大手電機メーカーで開発に携わったこともあり、熟練した高い技術を持っていました。

しかし「とあるスキル」が無かったからか、なかなか仕事が来ず、廃業することになってしまったのです。

 

大事なのは、起業のためにスキルを磨きたいなら、

起業専門のスキルを磨くことなんです。

起業専門のスキルとは、起業家マインド、 ビジネスの知識、 マーケティング、コピーライティング…などの、

起業に直結する、全てのビジネスの土台となるスキル」です。

起業に直結する知識を会得して、遠回りからの挫折を回避しましょう。

 

おススメの方法について、下の記事でまとめてみました。

起業するときの挫折回避に一番有効な方法とは?

一番手っ取り早く起業のスキルを高められる無料のコンテンツとは?

…などなどご紹介しています。

起業の知識その11 完全オリジナルの起業アイデアじゃなくてOK

電球から次々浮かんでいるアイデア

起業したいんだけど、いいアイデアがないんだよね」

そう思いますよね。とてもよくわかります。

人と同じことで儲けられるわけないし、

実現するためのいいアイデアが無いと始められない…そう思うかもしれません。

 

実を言いますと、起業に斬新なアイデアは必須じゃないです。

むしろ、アイデアなんて思いつく前に起業した方がいいですよ。

じゃないと後回しになって、結局起業しなくなります。

 

アイデアは思いついてなくても起業できるんです。

どうすればいいか?というと、成功している人を積極的に真似すればいいんです。

世の中の多くのビジネスは真似から生まれています。

そして、自分の中でここ微妙だなーと思ったところを一部だけ変えれば、

お客さんにとってもよりいいモノが生まれますよね。

 

完全オリジナルのアイデアを考えようとすると、下手したら何年もかかるし、

頑張って考えても売れるアイデアとは限りません。

このアイデア行ける!と思っても、

人間というのは、どうしても自分よがりになってしまいがちなんです。

これは、人間という生き物の性だと思っています。

私自身、数々の失敗談から話してます(笑)

 

これって、ファッションとよく似ていますね。

自分ではイケてる!と思って着ても、

はたから見ると痛々しい…なんて結構ありますよね(汗)

ファッションだったら好きなの着ればいいと思うんですが、

それをビジネスでやってしまうのは本末転倒だと思います。

 

ビジネスはお客さんから、価値の対価としてお金をもらうことなので、

自分よがりではなく、必要とされるアイデアでないといけないんです。

なので、以前必要とされた成功例をベースに考えるのが起業初めではベストです。

 

色々探してみて、このビジネスいいんじゃない?と思ったら、

以下の記事でアイデアを練ってみてくださいね。

起業の知識 まとめ

起業の知っておきたい知識をまとめます。

起業の知識その1 起業=会社設立じゃない
起業の知識その2 大金は必要ない
起業の知識その3 「貯蓄があれば起業できる」は間違い
起業の知識その4 「人脈」はなくてOK
起業の知識その5 「人と起業すれば成功しやすい」は間違い
起業の知識その6 一人でなんでもできる万能人間じゃなくてOK
起業の知識その7 「大手企業で活躍してれば独立後も上手くいく」は間違い
起業の知識その8 事務所は借りないほうがいい
起業の知識その9 ネットビジネス=詐欺は間違い
起業の知識その10 プログラミングや資格は不要!手に職がなくても起業成功できます
起業の知識その11 完全オリジナルの起業アイデアじゃなくてOK

全部読んでいたら偉いです!

長くなってしまったので大変だったと思います(笑)

 

読めば読むほどよくある失敗パターンが分かるので、

知らず知らずのうちに数万~数十万以上の損失をしなくて済んだのではないでしょうか^^

 

中で紹介した以下の記事もまとめておきますね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です