オススメ無料教材のご案内

起業しようとしたら「ねずみ講詐欺ルポ漫画」を送られ、大反対された話

ねずみ講の詐欺師
なか子
こんにちは!

はじめて起業の駆け込み寺の  なか子です^^

大学生の頃、バイト先さえ困ったのち起業して、

月収50万達成した話はコチラ ⇒(プロフィール

 

「挑戦したいことがあるけど、

周りに反対されそうで不安」

「チャレンジを家族に反対された!どうしたら…」

って思ったことは ありませんか?

わたしも、受験や起業をやってみたい、と思ったとき、

そのたびに反対されるんじゃないか

って不安ばかりでした。

 

不安なときは打ち明けたくなりますが、

モノによっては今は打ち明けないほうがいいかも、

と思っています。

今回は、私がそう思うようになったプチトラウマ事件をお話しします…。

家族や友人や恋人や同僚など、大切な人に激しく反対されそうなとき、

参考にしてもらえれば幸いです。

起業しようとしたら「詐欺漫画」を送られた話

詐欺師の二面性を表しているイラストを掲げている詐欺師の男性

今回は信頼する大学の人に

起業すると話したとき、

詐欺に引っかかってると思われて、大反対され

10年くらい前のねずみ講詐欺ルポ漫画を送られた話です。。

 

注意
送られたのは心配をかけてしまったからです。

責めるつもりは全くありません。

説明不足で心配をかけてしまった…

という意味の、失敗談です。。

  

大学2年の秋、

対人恐怖があって、バイトの面接さえ受からず、

このままじゃ就活もやばいし、

不安だから、自分で自由に稼げるようになりたい

って焦っていました。

 

色々調べた結果、起業スクールで学んで起業することにして、

毎日、講義内容をインプットしてました。

 

(音声をイヤホンで聞いたり、本を読んだり

移動中はずっとイヤホンを耳に入れていました)

椅子に座りながらヘッドホンで音楽を聴く猫

 

始めは、起業するなんて

成果を上げるまでは誰にも言うつもりがなく、

反対されて落ち込むだけ

と思って黙ってました。

 

でも、インプットしているうちに、

誰かに話したい…

話して、背中を押してもらえたら…

そう思って、大学で一番信頼している人に全て打ち明けることに。

 

単純に、超不安だったので、

その道は間違ってないよって、

君ならやれるって

そう言って、背中を押してもらいたかっただけです。

 

家族に言ってもスマホ変えるのすら反対だったので、

起業なんて認めてもらえるはずありません。

とりあえず、頭ごなしに否定する人じゃない、

話を聞いてくれるのは彼しかいない、

そう思って期待してました。

 

LINEで毎日話す、とてもウマの合う、話の合う人で、

つう、と言ったら、かあではないですが、

価値観がめっちゃ合う人っていませんか?

そんな感じです。

考え方の流れとか、話の流れとか、倫理観とか、家庭環境とか…。

 

その上オタク趣味も合ったので、

攻殻機動隊がいいよと言ったら、

見て話しに付き合ってくれたりしてました。

 

起業すること、

生活費を稼ぐようになったら、大学を続けるか迷ってること、

起業スクールで学んでいるということ、

洗いざらいLINEでぶちまけました。

 

話してみると、

自分が人にあれこれ言う権利は無いんじゃないか?と言って、

何か言いたげでも、

頭ごなしに否定はせずに話を聞いてくれました。

 

なんで起業するのか?

どうやって生活するのか?

どういう方法で稼ぐのか?

これから大学はどうするのか?

 

という話から、

気付けば闇金業者とか、

詐欺とか

この世の悪みたいな話になっていって、

色々、話したり反論したりするうちに、

 

あれ…?

話の流れがおかしい気がする…

と思うように。

 

すると…

次の日、ラインを見てみると

  

入りきらない長さの長文ラインで、激しい抗議が…

↓イメージ図

意味不明の長文ライン

(LINEの文章って入りきらないと

別ページに遷移できるんですね笑

知りませんでした)

 

長文ラインって相手に言いたいことがあるから、
 
自分の考えをヴァァーって書き連ねるものですよね。

だから少し苦手で…。

 

書いてあることが良いことでも、

画面閉じたくなる気持ち わかりませんか?
 

 

 

まさに、ヴァァァァァーと、

自分の考えが書かれてありました。

(それが2度ありました)

 

こんなに簡単にお金は稼げない、とか

むしろ簡単に稼げちゃいけない とか、

似たような物を売りつけるサイトは100サイトとか散々見てきた、

詐欺だから手を引いて とか

 

挙句の果て、

家の本棚に眠っていたであろう、10年前くらいの

実録!マルチ商法の詐欺の実態

みたいなタイトルの漫画を送られました。

(詳しいタイトルは忘れました)

 

(ショックでLINEを見るのが怖くなったため、

全て消したので、

どんな漫画かあまり覚えていません

ただ、かなり古い漫画だったので、

法整備が行き届く前の話だったのかな、

と勝手に思います)

 

結果は見るも無残で、

応援どころか一通り言われるようなことは言われ、

挙句の果て、

もう、今まで通り接する自信が無いよ

とまで。

その間、勝手に泣きっぱなしでした

 

お世話になったスクールを詐欺と言われて、

実物を見る前から

取り付く島もなかったのもショックだったけど、

信じてもらえてなかった のがショックでした。

 

それからは、

一切その話はしなくなり、今に至ります^^;

 

(翌日はほぼ食べ物の話だけでした 笑)

反対された原因は…

海辺で思い悩むうっし―の仮面をかぶった女性

当たり前ですが、 どんなに話が合う人でも、

すぐには受け入れられない価値観はある

痛感しました。

 

自分の中でトップ3に入るレベルで他人に寛容で、

ほとんど怒らない人でした。

だけど、相手にとっては「詐欺」とか、

弱者を苦しめるもの」がどうしても許せなくて、

怪しそうなものに過剰反応したんだと思います。

 

ここまでの大反対は1ミリくらいしか考えてなくて、

趣味とか価値観とか、かなりウマがあったので、

相手の価値観=完全に自分の価値観と一致 と思い込んでました。

勝手に期待してました…。

結果、お互いにいいことは無く…。

 

話したのを後悔はしていませんが、

再び昔に戻るなら話しません。

お互いに良いことが無かったので^^;

 

見返したら、説明もうまくなくて、

勘違いさせても仕方ないレベルでした。

とても、申し訳ない…

(インターネットビジネスをネットワークビジネスだと、

まんま、ねずみ講と勘違いさせてしまいorz)

穴があったら入りたいですね~~!

 

なにより話すタイミングではなかったし、

成果が0なら何を言っても説得力は薄いですよね。

口が上手ければ別ですけど(笑)

 

逆の立場でも、

怪しいやん…って止めたかも^^;

なにより、お互いの時間が無駄になって、

一時的に険悪になったのが残念でしたorz

その後、受け入れてくれた話。

ゴールデンレトリーバーがうれしそうな画像

数ヶ月後、成果が出てから全て話したら、

すんなり受け入れてくれました。

 

こんなふうに仕入れてAmazonで売ってるよーと全て話したら、

それは詐欺じゃないし、いいと思う

って言ってくれました。

恐らく、あれから何も言わないので不信感は

無くなったはずです。

 

言うタイミングの大事さを痛感しました。。。

なので、あの時点で言わない方が(自分たちにとっては)よかったかもしれない

とも思います。

 

あとは、相手の中の情報商材への猜疑心もありました。

話を聞く限り、お金儲けそのものが搾取であり、

詐欺が横行してるイメージだったんだと思います。

ねずみ講しかり。

 

情報商材=価値のないものに無理やり値段をつけて売りつける

イメージだったのかもしれません。

 

ネットのお金儲けなんて、まだまだ怪しいもの

という見方はごく一般的で、当たり前の価値観ですよね。

わたしの周りも情報商材買う人0だったので、

世間では、まだまだそのくらいの認識です。

 

お金が絡むとやばい人も出やすいし、

危機感は大事です。

だから漫画を送ってくれたことも、もちろん責めません。

怖かったけど、それ以上に心配をかけてしまいました。

 

本気で詐欺に引っかかったんじゃないか?

って心配してくれていました…。

今思えば、本当に恵まれてました。

形はどうあれ文面から、

本気で心配してるのが伝わってきたんです…

 

わたしの場合は、ノウハウコレクターだったので、

今までに複数、情報商材を買っていました。

↓こんな感じの

マーケティングの情報商材

受験系で1~2回、健康系で2回…くらい

あとはビジネス系では起業スクールのみだったと思います。

(今はあるか分かりませんが、

コメントいただければ、買った中で悪いもの&良いものを教えます)

 

わたしにとっては、情報商材=情報を知るための手段 です

 

なので、経験的にどういう流れで買うことになるかとか、

全部が全部詐欺ではなくて、

中身があるのもある、と知っていました。

その文化の差が、今回の言い争いに繋がったみたいです。

 

今どき、ネットがあるので悪い噂はすぐ拡散するじゃないですか。

たかが数百円でも価値を感じられなければ、

お客さんは離れ、噂は広まります。

だから、そこまでカチコチに警戒マックスじゃなくても、と思いました。

 

受験系で800円くらいのkindleを買ったんですが、

めっっっちゃ内容が薄くて、

その人のブログを見なくなりましたし。

 

詐欺ではなくても、

こんなんにお金出すんじゃなかった!」って言われますよね。

だから、ネットでは分かりやすい詐欺は減っているんじゃないでしょうか。

むしろネットのクレカ払いより、現金で払った方が危ないと聞きますし。

(現金だと、補償制度ないので)

 

問題は、変な詐欺をする人のせいで、

まともに価値貢献している人々が同じ目で見られるということです。

 

なので、積極的にいいものはいい、と勧めるのも必要だと思っています。

〇〇っていいかな?って思ったとき、

検索で口コミがわかれば安心ですよね!

 

いいもの、価値の高いものは、喜ぶ人が多いので

必要な人にもっと広がってほしいですし、

よほど変な商品は淘汰されてほしい。

詐欺は許せませんし。

 

詐欺師はきれいなジャイアンのように泉に落とされて

きれいな詐欺師(?)になってほしいです。

過激ですけど(笑)

説明するなら、どう説明したらよかったか?

相手を説得するとき、

誰かに起業や挑戦を打ち明けよう、と思ってるときは、

タイミング説明に気をつければ良かったです。

言い争いの確立を減らせると身をもって知りました。

 

 

あ、あと、反対されたとき

本気で心配してるのか

自分より成功して欲しくないから、邪魔しているのか

この見極めはすごく大事です。

考えたくはないですが、邪魔する人も一定数います。

 

個人的には、友人や同僚には打ち明けたり、説明しなくてもいいと思っています。

その理由は↓

起業を周りに反対されそうな時のただ1つの解決策

起業をまわりに反対されそうなときの唯一の解決策

急に別の文化圏の人から自分が飼ってるペットを

わたしの国では食べてたヨ

って言われるとビビるでしょう。

 

恐らく、それくらいのカルチャーショック的なものがあるかもしれません。

なので、話すときは、

相手を置いてけぼり にしないよう気を付けて!!

…と、昔の自分に言いたいです。

 

 

とりあえず、

専門用語とか、横文字とか使い過ぎだし、

言葉がフワフワしすぎやねん!

って、伝えてこようと思います(笑)

 

◉どうしても行きたい大学受験に2度失敗

◉レジに商品持っていくのすら辛いコミュ障

◉家の8桁借金 から、

どん底大学生なかこ が起業した経緯です↓

モンステラに被って顔が見えない仕事中の女

プロフィールとあらすじ

 

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です